【東京】一人暮らしのおすすめエリアと物件探しのポイント

【東京】一人暮らしのおすすめエリアと物件探しのポイント

東京での一人暮らしを考えている方に向けて、

おすすめのエリアと賃貸物件探しのポイントをご紹介します。

加えて、安全性や交通の便、周辺の生活施設などを考慮しつつ、

女性や学生に人気のエリアやおしゃれな街、費用の安い地域などをご紹介。

一人暮らしの生活費や家賃がいくらになるか、

どのような場所に住めば生活が便利で快適になるか、

治安が良くておしゃれな環境を求めている女性の方は必見です。

また、住みやすい街に住むということはSDGsの目標11における住み続けられるまちづくりをにも関わってきます。

東京都はTokyo Sustainability Actionという取り組みを行っています。

SDGsの観点からも注目です。

この記事にはプロモーションを含んでおります。

ズバリおすすめのエリアは?

アクセスが良くて穴場エリア

例、中野、市ヶ谷、新宿御苑前

家賃が比較的安いエリア

例、江古田、亀有、江戸川

自然やおしゃれなカフェ、ショッピングモールが充実しているエリア

例、中目黒、三軒茶屋、池袋

東京で一人暮らしをするなら、

自分のライフスタイルや予算に合ったエリアと物件を選ぶことが大切です。

詳細は以下の通りです。

↓費用を抑えて住みやすい街に暮らしたい方におすすめです。

アクセス:通勤や通学、買い物や遊びに便利な駅や路線に近いかどうかをチェックしましょう。

都心部へのアクセスが良いエリアは家賃が高くなりがちですが、穴場のエリアもあります。

例えば、中野や市ヶ谷、新宿御苑前などは、主要都市まで30分以内で行ける上に、飲食店や買い物施設も充実しています12

家賃:自分の収入や支出に合わせて、家賃の上限を決めておきましょう。

2年間のトータルコストで考えると良いです3

家賃を抑えるためには、駅から少し離れた場所や、郊外のエリアを探すと良いでしょう。

例えば、江古田や亀有、江戸川などは、23区内でも家賃相場が低く、買い物環境も整っています45

お店・施設:生活に必要なお店や施設が近くにあるかどうかを確認しましょう。

スーパーやコンビニ、ドラッグストアなどはもちろん、趣味や娯楽に関するお店や施設も重要です。

例えば、中目黒や三軒茶屋、池袋などは、自然やおしゃれなカフェ、ショッピングモールなどが揃っています678

賃貸物件探しのポイントについて

間取り:一人暮らし向けの物件はワンルームや1Kが多いですが、広さや収納スペースにも注意しましょう。

自分の持ち物や家具のサイズを測っておき、内見時に部屋のサイズを確認すると良いでしょう9

設備:キッチンやバスルーム、トイレなどの水回りの設備は清潔で使いやすいかどうかをチェックしましょう。

また、エアコンやインターネット回線などの生活に必要な設備が備わっているかどうかも重要です10

防音性:隣人や上下階からの生活音が気になる人は多いと思います。

防音性は壁の厚さや建物の構造によって異なりますが、内見時に壁に耳を当ててみると判断できることがあります。

以上が東京で一人暮らしをする際のおすすめエリアと物件探しのポイントです。

自分の希望条件に合った部屋を見つけるためには、事前に情報収集をしておくことが大切です。

不動産会社に相談する際にも、具体的な条件を伝えることで、スムーズに部屋探しができるでしょう。

詳細情報:

1. bing.com2. rent.re-ism.co.jp3. tokyobeta.jp4. kuramore.jp5. homes.co.jp6. suumo.jp7. offer.able.co.jp8. bing.com9. sumaity.com10. homes.co.jp

治安について

良いエリア

初めて、東京で暮らす方や女性の方は治安についても気になりますよね。

そこで警視庁が公開している犯罪発生件数をもとに、東京23区の治安が良い区と悪い区の上位5区をランキング形式でお答えします。¹

治安が良い区のランキングは以下の通りです。

  • 1位:文京区(犯罪発生件数:912件)
  • 2位:荒川区(犯罪発生件数:1,242件)
  • 3位:目黒区(犯罪発生件数:1,444件)
  • 4位:中央区(犯罪発生件数:1,768件)
  • 5位:墨田区(犯罪発生件数:1,896件)

文京区

文京区は、学校施設や文化施設が多く、風俗店やパチンコ店が少ないことが特徴です。²

荒川区

荒川区は、2004年に「防犯都市宣言」をしたことで知られています。

また、防犯対策品の購入に対する補助金交付などを行っています。²

目黒区

目黒区は、子育てファミリー世帯も多く住んでいます。

また、住民の防犯意識が高いことが特徴です。²

中央区

中央区は、銀座周辺を中心に商業施設やオフィスが多くありますが、街全体がきれいで暗い夜道が少ないことが特徴です。²

墨田区

墨田区は、下町情緒が残りつつ、スカイツリーを中心に再開発されたきれいな街並みが印象的です。²

ただ、上記に挙げたすべてのエリアで治安が良いとは言い切れません。

しかし、総じて区内の治安が良く、安心して住める場所が多くあります。

治安の悪いエリア

治安が悪い区のランキングは以下の通りです。

  • 1位:新宿区(犯罪発生件数:4,739件)
  • 2位:世田谷区(犯罪発生件数:4,231件)
  • 3位:大田区(犯罪発生件数:4,084件)
  • 4位:江戸川区(犯罪発生件数:3,761件)
  • 5位:足立区(犯罪発生件数:3,693件)

新宿区

新宿区は、新宿駅周辺に歓楽街や風俗店が多くあります。

また、新宿駅は日本最大のターミナル駅であり、不特定多数の人が集まることで犯罪の温床になっています。²

また、渋谷や新宿から近く夜遅くまで人通りがあるエリアもあります。²

世田谷区

世田谷区は23区の中で最も面積が広く、人口な多いことから犯罪発生件数も多くなっています。

大田区

大田区は、羽田空港や品川駅など交通の要所があることから人の流れが多くなっています。

また、工業地帯や倉庫地帯も多くあります。²

江戸川区

江戸川区は、23区の中で最も東に位置し、千葉県との境界線が長いことから、犯罪者が逃走しやすいという問題があります。

また、住宅街と工業地帯のコントラストが激しいエリアもあります。²

足立区

足立区は、23区の中で最も北に位置し、埼玉県との境界線が長いことから、犯罪者が逃走しやすいという問題があります。

また、低所得者層や高齢者層が多く住んでおり、生活困窮者やホームレスも多く見られます。²

これらの区内におけるすべてのエリアで治安が悪いとは言い切れません。

しかし、総じて区内の治安が悪く、注意して住む必要がある場所が多くあります。

以上が、私の調べた結果です。¹
東京で治安の良いエリアをお探しの場合は、参考にしてみてください。

¹: 東京23区で治安が良い区、悪い区はどこ?犯罪発生件数から解説
²: 都民の本音!? 東京23区で「治安の良い区」最下位は? | マイナビ …

東京の一人暮らしで一ヶ月の生活費はいくらですか?

東京で一人暮らしをするのに必要な費用は、家賃や生活費などを合わせて、およそ18.5万~20万円と言われています。³

この金額は、エリアや物件の条件、ライフスタイルなどによって変わってきます。

あくまでも目安としてください。

生活費を節約するためには、家賃や電気・ガス・水道代などの固定費を見直したり、食費や交際費などの変動費を抑えたりすることが大切です。²

また、ポイントカードや電子マネーなども活用して、買い物をお得にすることもおすすめです。⁵

東京での一人暮らしは、楽しいことも多いですが、費用面での不安もありますよね。節約しながらも、快適に暮らせるように工夫してみてくださいね。

日々の生活費を節約したい方におすすめの合わせて読みたい記事はこちら

エアコンの適切な運用と無理をしない節約術

エアコン室外機打ち水のすすめ

室外機の日除け効果

節約になる?冷蔵庫買い替えのすすめ

学生の一人暮らしにかかる費用は?

学生の一人暮らしにかかる費用は、物件や地域によっても異なりますが、一般的には以下のようになります。

  • 初期費用:家賃の4.5~5か月分+引っ越し費用+家具家電などの購入費用
  • 生活費:家賃込みで約12万円

初期費用は、部屋を借りるために必要な敷金、礼金、仲介手数料などの費用と、引っ越しのために必要な費用と、最低限の家具や家電を揃えるために必要な費用の合計です。

初期費用の相場は、家賃が5万円の場合だと約26万円¹、家賃が6万円の場合だと約31万円²となります。

ただし、フリーレント物件や敷金礼金のない物件を探すことで、初期費用を抑えることもできます³。

生活費は、住居費(家賃+光熱費)、食費、交通費、教養娯楽費、勉学費などの月々かかる費用の合計です。

生活費の相場は、全国平均で約12万円⁴ですが、地域によっても差があります。

例えば、名古屋市では約11万円となっています。生活費を抑えるには、家賃や食費を節約することが効果的です。

以上が大学生の一人暮らしにかかる費用の概要です。

東京での一人暮らしを始める前には、自分の収入や支出をしっかり把握しておくことが大切です。

また、契約内容や物件情報もよく確認しておきましょう。

(1)

https://www.nisshoapn.co.jp/chintai/useful/magazine/university_student_single_cost.html.

(2)

https://www.athome.co.jp/contents/students/livingexpenses/initialcost/.

(3)

https://bing.com/searchq=%e5%a4%a7%e5%ad%a6%e7%94%9f%e3%81%ae%e4%b8%80%e4%ba%ba%e6%9a%ae%e3%82%89%e3%81%97%e3%81%ab%e3%81%8b%e3%81%8b%e3%82%8b%e8%b2%bb%e7%94%a8.

(4)

https://jp.indeed.com/careeradvice/career-development/how-much-does-cost-for-college-student-live-alone-introducing-part-time-jobs.

最後に

東京には魅力的な街はたくさんあります。

ですので東京での一人暮らしを始めるのにあたって、自分の好みやライフスタイルに合わせて選ぶことが大切です。

皆さんの新生活が心豊かにすごせることを切に願っています。

取り組み具体例カテゴリの最新記事